21時、バルタン家まえで。

TANTRAその他のネトゲをさまようツリ目の魔法少女と筋肉野郎の見聞記

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不死の妙薬アムリタ


Category: TANTRAこぼれ話 > 印度ばなし   Tags: ---
日々のタントライフに狩りは付き物です。
そして狩りに欠かせないものは、やはり回復薬でしょう。

「アムリタってガブ飲みしちゃうし、正直アム代が馬鹿になりません(泣)」

とお悩みのアナタに朗報です!
ここはひとつ、アムリタを造ってしまってはイカガでしょうか。
この方法さえあれば、今日から露店を見て回ることも、アムリタ採取のための
狩りをすることもなくなりますよ!
<用意するもの>
・世界中のありとあらゆる植物と種
(できればヴィシュヌ神の住処・マンダラ山)
大亀(できればヴィシュヌ神の化身・クールマさん)
大蛇(できればナーガ族のヴァスキさん)
・綱引き要員多数

<造りかた>
1)集めた植物と種を海に放り込みます。
2)山に大蛇を巻きつけ、大亀の上にセットします。※山の沈没防止のため
3)綱引き要員は二手に分かれて大蛇の両端を持ち、交互に引っ張り合って海を攪拌します。
※苦しむ大蛇の口から毒や炎が噴き出るので充分注意して作業してください※
4)海の生き物が死に絶えようが、山の木が擦れて山火事になろうが、
 そのせいで山の獣が死のうが構わず攪拌し続けます。
5)1000年ほど続けると、海に動物や植物のエキスが混ざり合って
 イイ感じに乳白色になってきます。
6)海から白い象、馬や牛(スラビ&カーマデーヌ)、宝石、天界の聖樹、
 天女や女神などが出てくることもあります。
7)最後にお医者の神さまが、アムリタの入った壷を持って出てきて完成です。



<印度のおはなし的雑話>
魔族(アスラ)が力をつけて来たことを憂慮した神々が打ち出したのが、
この「アムリタ飲んで不死になろうキャンペーン」です。
うまいこと魔族を誘い出して大蛇を引っ張り合い、最後アムリタ壷が出てくると
大争奪戦が起こります。
壷が魔族の手に渡りそうになったとき、とっさにヴィシュヌ神が美女に化けて魔族を誘惑、
まんまと壷を奪還して神々のものにしてしまいましたとさ。

ズルいな、神www
スポンサーサイト


Comments


・・・毒や炎もいやですし、
1000年も待てませんし・・・・・・

大人しく露店で出来合いのモノを買いますww
 

瓶詰めになってるアムリタって、↑で作ったやつを限りなく水に近くなるまで薄めてあるっぽいよ^^
 

Leave a Comment


06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

まね田ガチお

Author:まね田ガチお
オンラインゲーム「TANTRA」から紆余曲折を経て、現在は「ΤERА」のエリーヌ鯖にひっそり生息。
オープンβからいて10人を超えるキャラを持つが未だ誰もカンストせず。

 
 
最近のコメント
 
集え萬國のおにく達
 
まねつぶ
記事にするまでもない一言
 
リンク集
 
カテゴリー
 
過去ログ倉庫
 
 
ブログ内検索
 


Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。